「アナザーワン」の意味を教えて! 「バイツァダスト」の意味も

質問.: 「アナザーワン」って、どういう意味ですか?

回答.: 「別のやつ、別のもの」という意味です。

1.「アナザーワン」の解説

「アナザーワン」は "another one" という英語をカタカナにした言葉です。

1.1. "another" と "one" の意味

"another" が「別の、もう1つの、他の」という意味で、"one" が「やつ、もの(者、物)」という意味なので、両者を合わせて「他のやつ」や「別のもの」といった意味になります。

1.2. "another" の注意点

"another" は単数の名詞と共にしか用いられません。 "another" の成り立ちが「an(1つ)+other(他の)」であり、「単数」という意味合いを含んでいるため、名詞が複数だと矛盾を起こすのです。(*)

(*) 例えば "another books" という言い方は、"a books" がおかしいのと同じ理由でおかしいわけです。

複数の名詞に「他の」という意味を付加したい場合には "other" を使います。 例えば「別の(一冊の)本」は英語で "another book" ですが、これを「他の(複数の)本」に変更したければ "other" を用いて "other books" とします。

1.3. "one" は不定代名詞

"another one" の "one" は「不定代名詞」と呼ばれます。 不定代名詞について説明すると話が難しくなるので割愛します。 不定代名詞の "one" は「(~な)やつ、もの」と丸暗記しておけば問題ないでしょう。

2.「アナザーワン バイツァダスト」の意味

「アナザーワン」が用いられる有名な表現「アナザーワン バイツァダスト」について説明しておきましょう。

「アナザーワン バイツァダスト」は "Another one bites the dust." という英語をカタカナにしたもので、「また1人死ぬ」や「また1つダメになる」といった意味です。

2.1. 文の構造

"Another one" が主語で、"bites" が動詞、"the dust" が目的語です。

2.2. 各部の説明

"another one"

"another one" は上述の通り「別のもの」という意味です。

"bites"

"bites" は「噛む」を意味する動詞 "bite(バイト)" に三人称単数現在の "-s" が付いたものです。

"dust"

"dust(ダスト)" は「ホコリ」という意味が有名ですが、それ以外に「地面」という意味もあり、ここでは「地面」の意味で使われています。

"bites the dust"

したがって "bites the dust" を直訳すると「地面を噛む」という意味になります。 ですが、"bite the dust" は慣用句で次のような意味があります:

  1. 死ぬ、敗北する(*)
  2. (物などが壊れるなどして)最後を迎える
  3. 失敗する、不首尾に終わる
(*) 戦闘で敵にやられ地面に倒れる様(さま)を「地面を噛む」と言い表したのでしょう。

2.3. 全体の説明

上記の各部の説明から、"Another one bites the dust." を直訳すると「別のものが死ぬ(最後を迎える、失敗する)」という意味になります。

「Queen(クイーン)」という音楽グループの曲「Another one bites the dust」の場合、"another one" は物ではなく人を指しているので "Another one bites the dust" は「別の者が死ぬ」という意味です。

「別の者」という言い方をするということは少なくとも一人がすでに死んでいるので、その辺りの事情を汲み取って日本語にすると「また1人死ぬ」となります。