シンガポールではチューインガム禁止!

Chewing gum is banned in Singapore.
シンガポールではチューインガムが禁止されている。
# "banned" は「禁じる」を意味する動詞 "ban" の過去分詞形(過去形も "banned")。 "chewing" は「噛む」を意味する動詞 "chew" の現在分詞。

シンガポールでは 1992年からチューインガムの販売が禁止されています。

噛み終えたチューインガムを公共の場所に吐き捨てる人が後をたたないためです。

米国の圧力で規制が緩められた

2004年には、米国とシンガポールの間で結ばれた自由貿易協定の結果、歯科医または薬剤師が医療目的(*)で販売する場合に限りガムの販売が認められることになりました。
(*) 歯のエナメル質を修復するガムや、禁煙のためのニコチンガム。
ただし、ガムの購入者は購入時に氏名を記録され、また、道端にガムを吐き捨てると多額の罰金を課せられます。
シンガポールでは道端でツバを吐く、鼻水を飛ばすなどでも罰金を取られます。