"coming soon" の意味は? 成り立ちは?

質問: "coming soon" とは、どういう意味ですか? 読み方と成り立ちも教えて下さい

回答: "coming soon" は「もうすぐ(やって)来る」という意味です。

詳しくは以下をご覧ください。

読み方

"coming soon" をカタカナで表記すると「カミング・スーン」です。

単語の意味

  • coming ・・・「来る」を意味する動詞 "come" の現在分詞形
  • soon ・・・「すぐに、まもなく」を意味する副詞

文法の解説

"coming soon" は進行形の文の一部です。 例えば、次の文:
Spring is coming soon.
もうすぐ春が来る。
"be coming soon" では進行形が「近い未来」の用法で用いられています。
「もうすぐ春が来る」は未来のことを言っています。 それなのに未来を示す助動詞 "will" が用いられないのは、進行形が「未来」の意味を担当しているからです。

使われ方

"coming soon" は日本語の「もうすぐ来る」や「まもなくやって来る」などの表現に置き換えるだけで概(おおむ)ね意味が通ります。

ですが、そうして置き換えた結果がスムーズに理解できる日本語だとは限りません。 そうしたケースも含めて、以下に用例を示します。

基本的な用例

A baby is coming soon.

もうすぐ赤ちゃんがやって来る

# 「もうすぐ赤ちゃんが生まれる」という意味です。

Be動詞が省略されている例

次の2つの例ではBe動詞が省略されています(つまり完全な文ではない)。

また、次の2つの例はどちらも、本当の主語(動作の主体)が言葉の裏に隠れています。
More info coming soon.
さらなる情報が間もなくやって来る

# 新製品やイベントなどに関して、「もうすぐ、メーカーやイベントの主催者がもっと情報を公開します」ということです。

"info" は "information" の略です。
Six pack coming soon
見事な腹筋が、もうすぐやって来る(実現する)

# "six pack" は「6本1セットで売られている飲料(ビールなど)」という意味のほかに、「見事に鍛えられた腹筋」という意味もあります。 鍛えられた腹筋は6つに分かれることから "six pack" と呼ばれます。

"Six pack coming soon" は「見事な腹筋がやって来る」という言い方(「腹筋」が主語)ですが、意味としては「いま腹筋を鍛えているので、もうすぐ腹筋が見事に6つに分かれるよ」とか「今後、腹筋を鍛える予定だ」などです。 何もせず待っているだけで見事な腹筋になるわけではありません。

"coming soon" だけの例

次のように "coming soon" だけで用いられることも少なくありません。
Coming soon!
間もなく公開! / 間もなく入荷! / 間もなく発売!
# "Coming soon" が用いられる状況によって色々な意味に理解できます。

"Coming soon." だけの場合も、"~ is coming soon." という文の "~ is" の部分が省略されたものと理解して差し支えありません。