歌のタイトルや歌詞に出て来る「エブリシング」の意味は?

質問: 歌のタイトルや歌詞に出て来る「エブリシング」とは、どういう意味ですか? 「すべてのもの」という意味じゃありませんよね?

回答:「すべてのもの」に置き換えて意味が通らない「エブリシング」は「大事なもの」という意味です。

「エブリシング」の意味

「エブリシング」の元の英語は "everything" です。

"everything" の意味は次の2つです:

  1. あらゆるものすべてのもの
  2. 極めて重要なもの、(人生で)最も大事なもの
「大事なもの」の「もの」は物だけでなく人などの生物も指します。

「エブリシング」を「すべてのもの」に置き換えて意味が通らない場合、その「エブリシング」は上記の 2. の意味で使われています。

日本語の「すべて」にも「重要なこと」の意味

すべて」という日本語にも "everything" と同じように、「非常に重要なこと」という意味があります。

例えば、「タイミングがすべてだ」や「世の中、カネがすべてだ」の「すべて」は「非常に重要なこと」の意味です。

「すべてのもの」じゃない「エブリシング」の用例

マイ エブリシング

英語に戻すと "my everything" で、意味は「私の大切なもの(人)」です。

ユア エブリシング

英語に戻すと "You're everything." で、意味は「あなたは(私の)大切な人だ」です。
"You're" は "You are" の短縮形。

エブリシング イズ エブリシング

英語に戻すと "Everything is everything." で、意味は「全てのものが大事だ(大事じゃないことなんて何1つ無い)」でしょう。

1つ目の "Everything" を「すべてのもの」の意味で、そして2つ目の "everything" を「重要なもの」の意味で用いています。 面白い表現です。
"Everything is everything." は「全てのものは全てのものだ」の意味にも理解できますが、それだと無意味すぎるでしょう。