驚愕の事実! 英語の目的語には2種類あった!

1. 目的語は1種類ではございません

目的語」と聞いて思い浮かぶのは動詞の目的語です。

例えば "I love you." の "you"。

この "you" は動詞 "love" の目的語です。

でも、実は英語の目的語にはもう1種類あります。

それはどのようなものでしょうか?

2. 代名詞の目的格で考えてみよう

"them" を例に考えてみましょう。

"them" は代名詞 "they" の目的格です。
"they" は「彼ら(彼女ら/それら)」という意味。 目的格である "them" の意味は「彼ら(彼女ら/それら)」。

目的格である」とは、目的語として使われているということです。

逆に言えば、目的格である "them" は常に目的語です。

動詞の目的語として使われていない場合にも、"they" が "them" という形になっていれば、それは目的語なのです。

動詞の目的語以外で "them" が使われる場所って、どこでしょう?

3. 動詞の目的語以外で目的格が使われる場所

動詞の目的語以外で目的格 "them" が使われる場所。 それは例えば...

例えば...

例えば... そう、"Look at them." の "them"。 前置詞 "at" の後ろです。
"Look at them." の意味は「彼ら(彼女ら/それら)を見よ」。

この "them" は前置詞 "at" の目的語です。

前置詞が作用する対象となる言葉も「目的語」なのです。

4. まとめ

「目的語」は次の2種類:

  1. 動詞の目的語
  2. 前置詞の目的語