「一回」や「かつて」では理解できない "once" の意味

"once" が「一回」や「かつて」の意味だとすると理解できない文章が存在します。 例えば次の文:

"Once you begin, you'll enjoy it."

"begin" は「始める」、"enjoy" は「楽しむ」という意味です。 こうした単語の意味が分かっていて尚(なお)この文の意味が理解できないなら、あなたにはこのページを読む資格があります。

1. 上記の例文の "once" の意味

上記の例文 "Once you begin, you'll enjoy it." の "Once" は、(いったん)~したら」や「~ししだいという意味です。

したがって "Once you begin, you'll enjoy it." の和訳は、「あなたがいったん始めれば、あなたはそれ(始めたこと)を楽しむでしょう」です。

この文を自然な日本語にすると「やり始めたら、きっと楽しいよ」となります。
この "Once" は接続詞です。 「いったん~したら」の「いったん」は漢字で書くと「一旦」です。 接続詞の意味の "once" も「いったん(一旦)」も「」という意味合いが共通しています。 発想が同じなのでしょう。

2. 例文

"once" が「~したら」の意味で使われる例文です。
カッコ内で
Everything is obvious (once you know the answer).
すべては明らかだ(いったん答えを知ればね)。
完了形と共に
Once you have obtained the elven bow, return to the troll bridge and trade it for the sleeping potion.
エルフの弓を入手したら、トロールの橋へと戻り弓を眠り薬と交換しなさい。
オゥ
Once you get started, oh it's hard to stop.
いったん始めたら、オゥ、中止するのは難しい。
"for once" との混同に注意
If I had an hour to solve a problem and my life depended on it, I would use the first 55 minutes determining the proper question to ask, for once I know the proper question, I could solve the problem in less than five minutes.
問題を解くのに1時間を与えられ、その問題に私の人生がかかっているとしよう。 そんなとき、私は適切な質問の決定に最初の55分間を費やすだろう。 そうして適切な質問を決定しさえすれば、5分もかからずに問題(質問)を解けるだろうから。

# アインシュタインの名言だそうです。 面白いですね。 アインシュタインの名言は面白いものが多い。

"for once I know..." の部分は、"for" と "once I know..." に分断されます。 この "for" は「なぜなら」ぐらいの意味です。 "for" を "because" に置き換えると文を理解しやすくなります: "Because once I know the proper question, I could solve the problem in less than five minutes."

ただし、"for once" を見かけるたびに闇雲に分断するのではいけません。 文によっては、"for" と "once" が "for once" という熟語として使われている可能性もあります。 熟語の "for once" は「今回は例外的に、このひとたびはせめて」という意味です。 例. Why can't you be nice to her for once? 今回だけは彼女に好意的に接してやれないものだろうか?

3. "once" の意味/用法の見分け方

"once" が「(いったん)~すると」という接続詞の意味で使われているかどうかを知るには、問題となっている "once" を "when" や "if" に置き換えてみればよろしい。

"once" を "when" や "if" に置き換えて文の意味が通じるなら、その "once" は「(いったん)~すると」という意味です。 文の意味が通じないなら、それ以外の意味です。

接続詞の "once" は「"whenever" や "as soon as" に置き換え可能」と説明している辞書が多く、「"when" や "if (ever)" に置き換え可能」としている辞書は少数派ですが、今回この記事を書くにあたり集めた例文を見ると、"whenever" や "as soon as" よりも "when" や "if (ever)" に置き換えるほうが意味の通りが良いケースが多いように思います。

4. "once" の意味の一覧

最後に、"once" の一般的な意味を一通り記載しておきます:

  1. 一回、一度(副詞) 例. once a day(1日1回)
  2. 一回、一度(名詞) 例. Once is enough.(一度で十分だ)
  3. かつて、以前は(副詞) 例. I once had a dream. かつて私は夢を持っていた。 I could speak French once. 私は以前はフランス語を話せた。
  4. 一度なりとも、一度でも、~しようものなら(副詞) 例. if the facts once become known その事実が知られようものなら
  5. かつての、以前の(形容詞) 例. the once capital of the nation その国のかつての首都
  6. ~すると(接続詞)
  7. 今回、このたび(名詞) 例. You may do it, this once. それをしてもよい。今回は(今回に限り)な。 You can go just this once. 今回だけは行っていい。