梱包材「プチプチ」は壁紙になるはずだった!?

Bubble wrap was originally invented as wallpaper.
梱包材「プチプチ」は、もともとは壁紙用として発明された。

俗に「プチプチ」と呼ばれる梱包材は、英名を "bubble wrap" と言います。

その "bubble wrap" が米国で開発されたのは 1957年、開発者は2人の発明家 Alfred Fielding と Marc Chavannes です。

彼らは新しい壁紙を開発しようとシャワー・カーテン2枚を加熱して張り合わせましたが、思っていたのと違うもの -中に気泡が閉じ込められたプチプチ― が出来上がってしまいました。

両名はプチプチを温室用の断熱材として販売しようと考えましたが、断熱効果に乏しいことが明らかになり断念しました。

最終的にプチプチは梱包材として使われることになりました。 1960年のことでした。