"without you" の意味は? 大きく分けて3つです。

質問:"without you" とは、どういう意味ですか?

回答: "without you" の訳し方は色々ですが、意味的に次の3つに分類されます:

  1. あなた(たち)無しで
  2. (今後)あなた(たち)がいなければ(いなくても)
  3. (仮に)あなた(たち)がいなければ(いなくても)

詳しくは以下を御覧ください。

このページの以下で「あなた」は「あなたたち」の意味も含むこととします。 このページに登場する "you" がいずれも「あなた」と「あなたたち」の意味に解釈可能で、「あなた」と「あなたたち」を逐一(ちくいち)併記(へいき)すると読みづらいからです。

1. 単語の意味

  • without ・・・「~なしで(は)」を意味する前置詞
  • you ・・・「あなた、あなたたち」を意味する代名詞

2. ポピュラーな表現

"without you" が用いられるポピュラーな表現の意味は次の通り。
I can't live without you.
あなたなしでは生きていけない。
Nothing without you.
キミがいなけりゃ何にもならない。
# あなたいなけりゃ(生きている)意味がない。
No song without you.
あなたがいなければ(いなかったなら)歌は存在しない(しなかっただろう)。

# "No song without you." は完全な文章が省略されたフレーズです。

省略される前の文として考えられる代表例は "There would be no song without you." または "There will be no song without you."(違いは "would" か "will" か)。

前者であれば「あなたがいなかったなら、歌は存在しなかっただろう」ですし、後者なら「あなたがいなければ、歌は存在しない」です。
What would I do without you?
あなた無しで、私はどうすればいいの?
# 仮定法の文です。 仮定法については後述。
movin' on without you
あなたなしで前へ進む

# "move on" は「辛かった出来事を乗り越えて前へ進む」という感じの意味。

"movin'" は "moving" を実際の発音に忠実に表記した言葉。

"movin' on" は動名詞かもしれませんし現在分詞かもしれません。 動名詞なら「あなたなしで前へ進むこと」と訳しますが、現在分詞なら文脈により訳し方が異なります。 歌の歌詞なら「辛かった出来事を乗り越えて前へ進むんだ」ぐらいでしょうか。

3. 三通りの解釈

3.1. あなた無しで

この意味の "without you" は、"without" と "you" の意味を単純に足し合わせただけです。
We went to eat without you.
私たちはあなたなしで食事に行った。
# あなた抜きで食事に行きました。

3.2.(今後)あなたがいなければ(いなくても)

この意味の "without you" は「もしも~」を意味する "if~" に置き換えることが可能です。
I can't live without you.
これから先)あなたがいなければ、私は生きていけない。
# "I can live without you." なら「あなたがいなくても私は生きていける」。

"if" を用いて書き換えると

上の文を "if" を用いて書き換えると、"I can't live if I don't have you." などです。

仮定法ではない

"if" と聞いて思い浮かぶのは仮定法ですが、この文は仮定法ではありません。 単なる条件文です。

次項で述べるのが仮定法です。

3.3. 仮にあなたがいなければ(いなくても)

I couldn't live without you.
仮に)あなたがいなければ、私は生きていけない。
もしもの話なんだけど、あなたがいなかったら、私は生きていけない。

こちらの文が仮定法(*) です。 可能性がゼロのあるいは相当に低い事柄について「仮に~」と発話するからです。

(*) 学校の英語では「仮定法過去」として習います。 用いられる動詞が過去形だから「仮定法過去」と呼ばれます。

"if" を用いて書き換えると

この文を "if" を用いて書き換えると、"I couldn't live if I didn't have you." などです。

英語の教科書に出て来る慣用句 "if it were not for" を用いるなら、"I couldn't live if it were not for you."。

4. 条件文と仮定法の比較

条件文(上記 3.2.)と仮定法(上記 3.3.)の違いについて説明しておきましょう。

仮定法の文

まず、先ほどと同じ仮定法の文をもう1度。
I couldn't live without you.
仮に)あなたがいなければ、私は生きていけない。

この仮定法の文で「私」は、「今後もあなたがずっと一緒」と考えています。「私」は「あなた」が「私」のもとを去る可能性など考えもしていません

条件文

次に、さっきも出した単なる条件文。
I can't live without you.
これから先)あなたがいなければ(いなくなることがあれば)、私は生きていけない。
この条件文で「私」は、この先「あなた」が居なくなるか居なくならないか未定だと認識しています(*)。 ずっと一緒かもしれませんし、袂(たもと)を分かつ可能性もあります。
(*) 実際には確定している(例えば「あなた」が「私」と別れる決意を固めている)かもしれないが、発話者の認識では未定。

「条件文と仮定法の比較」のまとめ

現実ではない仮定」に関して、動詞を過去形にすることで「これは仮定の話ですよ」と示すのが仮定法です。

不確定の未来」は「現実ではない仮定」とイコールではないので仮定法は用いられず、単なる条件文が用いられます。
「"if" が使われていれば仮定法」というわけではないのです。